チェックイン
日数
人数
室数
宿泊約款
Access

アクセス

MAP〒601-8004 京都府京都市南区東九条東山王町15

周辺観光情報

東寺まで徒歩で約15分
東寺は平安遷都とともに建立され、平成六年に世界遺産として登録をされました。毎月21日には1000店近くの露店で賑わう『弘法市』が開催されており、地元の人たちの間では『弘法さん』の名前で親しまれています。 また春は夜桜ライトアップ、秋は紅葉ライトアップが行われ、五重塔と共に照らされる桜や紅葉は絶景です。

伏見稲荷大社まで電車で約13分
全国に約3万社あると言われている稲荷神社の総本社です。最大の見どころは何といってもズラリと並んだ『千本鳥居』ですが、その他にも可愛らしい狐の絵馬や、願い事を思いながら持ち上げ、軽く感じたら願いが叶うと言われている『おもかる石』など、見どころ満載です。

東福寺まで電車で約20分
秋の紅葉、初夏の青紅葉で有名な東福寺。『東福寺三名橋』と称される、臥雲橋(がうんきょう)、通天橋(つうてんきょう)、偃月橋(えんげつきょう)があり、中でも通天橋は最もフォトジェニックな橋と言われています。


祇園まで電車で約23分
今も昔も京都を代表する繁華街で、グルメもショッピングも、もちろん観光も楽しめます。『八坂さん』の愛称で有名な八坂神社や、舞妓さんに会える花街、歌舞伎を中心とした伝統芸能を楽しめる南座など、様々な京都の文化に触れ合える街です。


清水寺までバスで約32分
京都の世界遺産であり、「清水の舞台から飛び降りる」という言葉でも有名なお寺です。年末に行われる今年の漢字が書かれる場所としても有名です。境内では三本の音羽の滝が降り注いでおり、その水を飲むと学業上達・恋愛成就・延命長寿のご利益があると言われております。

嵐山まで電車で約25分
京都を代表する観光地である嵐山は、竹林の道や渡月橋の下に流れる桂川など多くの自然が満ちており、癒しのスポットとして有名です。過去の詩人の作品にも多く引用されており、その魅力は現在にも引き継がれております。また嵐山では人力車に乗ることもでき、車夫さんからとても魅力的なお話を聞くことができます。

錦市場商店街(京の台所)まで
電車で約19分

京都において平安時代より鮮魚や青果などを販売してきた錦市場。そのため「京の台所」と呼ばれ、今でも多くの店が軒を連ねています。京都市内の繁華街である四条河原町と隣接しているので、京都で遊んだ帰りにちょこっと寄るにも便利な場所です。

金閣寺まで電車、バス乗り換えで約39分
足利尊氏によって建立された慈照寺金閣(別名金閣寺)。京都の世界遺産としても有名です。その名の通り、境内に入ってすぐ目に入る金閣は圧巻です。四季折々違った顔を見せる金閣ですが、1年の中でとても美しいと言われているのが雪の日の金閣です。寒々しくも神々しいその様子を見ると思わず涙がこぼれることでしょう。

三十三間堂までバスで約17分
京都駅からほど近い蓮華王院本堂(別称三十三間堂)にはおよそ1,001体の千手観音立像が安置されております。その千手観音立像は1体1体が顔が違っているため、自分自身と同じ顔に出会えると言われております。また外の長い砂利道では昔より通し矢が行われており、1年に1度三十三間堂の通し矢(弓の引き初め)が執り行われます。

京都タワーまで徒歩7分
京都駅を降りてまず目に留まるのがこちらの京都タワーです。京都タワーの展望台からは京都の街が一望できます。また京都タワー内部には京都タワーサンドと呼ばれる商業施設があり、伝統工芸体験や名店のお食事が楽しめ、様々な種類のお土産を購入する事も出来ます。

アクセスマップ

最寄り駅からホテルまでの道のり

最寄り駅からホテルまでの道のり 最寄り駅からホテルまでの道のり

空港からのアクセス

空港からのアクセス 空港からのアクセス

電車からのアクセス

「京都」駅の八条口すぐ。
電車からのアクセス 電車からのアクセス

道路からのアクセス

リアルタイム交通情報や渋滞予想は「西日本高速道路株式会社 道路交通情報」をご覧ください。
道路からのアクセス 道路からのアクセス

お車でのアクセス

お車でのアクセス お車でのアクセス

※こちらはアバンティ様の駐車場です。提携駐車場ではございません。
その他にも有料のパーキングがございますのでお気軽にホテルまでお問い合わせください。

駐車場

駐車場
駐車場台数
乗用車1台
予約
当駐車場は先着順につき事前のご予約は承っておりません。
ご利用をご希望の場合は当日のチェックインの際にフロントスタッフまでお申し付けくださいませ。
料金/利用時間
1泊2,000円
(15:00~11:00までご利用いただけます。)
※事前のご予約はお受けしておりません。当日の空車がございましたらご利用いただけます。
トップへ